グループ企業への課税

PCを触る人

グループ企業に対する法人税に関して、一本化した課税によって納税額が決まる方式を連結納税制度と呼ばれています。この制度はグループ企業が親会社とその100パーセント子会社によって成り立つ場合に適用可能です。事前の申告によりこの制度を適用すると、場合によって納税や損失に対する利があるとされます。

詳しく見る

改善成功には秘訣がある

社員

各企業によって組織改善を行っている理由は多様ですが、改善を成功させるためには組み立て方の考え方を変える必要があります。日本の企業はトップダウン方式で物事を決めます。しかし組織を活性化させるためには、下から決めるボトムアップ方式が重要なのです。

詳しく見る

社内情報の共有

男性と女性

今は、チャットツールなどで業務の小さな手間も省くことができています。こういったシステムはセキュリティ面もしっかり対策されているので、外部に漏れる心配もほとんどなく、便利なうえに安心して使えるというメリットがあるのです。また、その他に社内の情報管理を行えるグループウェアはクラウドを利用するなど多くの企業が導入しています。メールやスケジュールなどを共有することで、社内の情報を共有できるのが特徴です。様々な業者がパッケージ提供していますが、導入においては注意点もあります。グループウェアには様々な機能があるので、不必要なものがパッケージされていないものを選ぶ必要があります。また料金体制も業者によって異なります。社員数によって追加料金が発生するもの、毎月の利用料金が必要なものなど様々です。会社の規模や今後の人員の増加などを考慮して検討することが大事です。また、どのような端末でも使用できるのかなど使い勝手も確認をしておくことが大切です。

情報共有できるグループウェアには便利な機能が色々とあります。そこで、会社の業務内容に応じて必要な機能を選ぶことで、業務を効率良く遂行することができます。まず必要なのは、社内の業務マニュアルを共有する機能です。問題が発生した場合にはすぐに周知できるようにすれば、再発を防ぐことができます。また営業の活動記録を共有することにより、スタッフのスキルの差を無くすことも可能となります。営業日報にグループウェアを利用することで、細かな指示を出すことも可能となりますし、スケジュール共有機能を活用することで問い合わせが来る度に本人の所在を確認をしたり、会議の予定を立てる度に全員にスケジュールを聞いて回る手間が省けます。、スケジュール共有機能を活用することで問い合わせが来る度に本人の所在を確認をしたり、会議の予定を立てる度に全員にスケジュールを聞いて回る手間が省けます。それぞれの機能を自社向けにアレンジするなど、細かな利用もオーダーメイドではなくパッケージで行えるので便利です。提供する業者によって使える機能は異なるので、上手く組み合わせて効率良く業務遂行できるようにすることが必要です。全員が使いやすいグループウェアを選択すると、スムーズにシステムを導入できるでしょう。

経営情報の一元管理

PCを操作する人

ERPは生産・販売・会計などの各システムを単一のデータベースに統合し、経営情報を一元管理することを指します。ERPは時間と労力を節約するだけでなく、意思決定をスピードアップさせ、経営資源の最適な配分を可能にします。

詳しく見る