改善成功には秘訣がある|情報の管理に役立つグループウェアはシンプルな機能のものを選ぶ

改善成功には秘訣がある

社員

組織の中心は現場の人間

組織改善を行う理由は様々です。一つは時代や内容にそぐわなくなったことが理由になります。さらに、組織改善を行う事でマンネリ化を防止することもあります。何が正しい組織体系であるのか正解はありませんが、組織改善が必要な場合には、積極的に変更することも重要な選択肢になります。しかし気軽に何度も変更することはできません。ある程度の仮説や目的をもって改善することが大事になります。日本の組織は基本的に縦割り組織になっています。そのためトップダウンが中心の組織体系になっているのです。しかし欧米のボトムアップ型の組織こそ組織を活性化させる方法なのです。いくら数少ないトップがモチベーションが高くても末端の現場のモチベーションが向上しないと全体の組織はよくなりません。

ボトムアップ方式

末端のモチベーション向上は上への刺激になります。そのため組織が活性化されるのです。そのため組織改革は上から考えるのではなく下から考えるのが最も理想的な考え方になります。これだけの人員が必要だからその管理に誰が必要でそれを取りまとめる上役として配置するなどの構図が必要なのです。組織改善を成功させている企業は多くありません。その理由は社長をはじめとするトップから組織を組み立てているからなのです。どうしても組織構成を考えるのが役割を持っている人になりますので、そこを中心に考える傾向がありますが、それでは風通しの良い本当の組織を作ることはできないのです。上に立つ人間は、その頭数ではなく質が必要なのです。